投稿

【週替わりの展示会】 シャトレ 織り・布・くみひも展/シャトレ(熊本市)

イメージ
  【週替わりの展示会】 シャトレ 織り・布・くみひも展/シャトレ(熊本市) 会期・・・・・令和 3 年 10 月 12 日 ( 火 ) ~ 10 月 17 日 ( 日 ) 時間・・・・・ 9 : 30 ~ 17 : 30※ 最終日は 16:30 まで 会場・・・・・熊本県伝統工芸館 2階展示室B   ただ今「2階展示室B」では、「 シャトレ 織り・布・くみひも展 」が開催中です。 障がいのある人への支援を行う事業所「シャトレ」が主催する個展。 シャトレが支援する方々の作業によってできた小物・組みひもの作品が展示販売されています。   今回の一番押しである木綿の組みひもの「靴ひも」。 一つ一つ手作業によって編まれています。     こちらも日々の作業によってつくられた「一枚布」。 使われなくなった着物を被支援者が丁寧にほどき、フリーラグとしてリメイクされたものです。     同展は 10/17( 日 ) まで。皆様ぜひお越しください。

グラスアート&シルエットアート展/グラスアート杏・杏の会(熊本市)

イメージ
  【週替わりの展示会】 グラスアート & シルエットアート展/グラスアート杏・杏の会 ( 熊本市 ) 会期・・・・・令和 3 年 10 月 12 日 ( 水 ) ~ 10 月 17 日 ( 日 ) 時間・・・・・ 9 : 30 ~ 17 : 30※ 最終日は 16:30 まで 会場・・・・・熊本県伝統工芸館 地下和室   グラスアート杏・杏の会による個展 。 グラスアートとは、鉛でできたリード線と特殊なカラーフィルムを用いることでステンドグラスの雰囲気を再現したもの。 今回の個展では、日本グラスアート協会認定インストラクター5名による作品が並びます。     オリジナルデザインという時計。   住宅の窓ガラスと同じサイズというフレームは、そのまま窓にあてがうとステンドグラスの趣を楽しむことができます。   それぞれの作り手の工夫が凝らされた作品たち。   同展は 10/17( 日 ) まで。皆様是非お越しください。

【週替わりの展示会】 植田修二の「クレイワーク」/アトリエ泥象 植田 修二(熊本市)

イメージ
  【週替わりの展示会】   植田修二の「クレイワーク」/アトリエ泥象 植田 修二 ( 熊本市 ) 会期・・・・・令和 3 年 10 月 12 日 ( 水 ) ~ 10 月 17 日 ( 日 ) 時間・・・・・ 9 : 30 ~ 17 : 30※ 最終日は 16:30 まで 会場・・・・・熊本県伝統工芸館 2階展示室A     ただ今「 2 階展示室 A 」では、「 植田修二の『クレイワーク』 」が開催中です。 アトリエ泥象 植田 修二による個展。 会場では、陶で出来たオブジェ・カップなどの食器・花器などが展示販売されています。   植田さんは 2016 年に京都造形芸術大学の通信陶芸コースを卒業。 その後「アトリエ泥象(でいしょう)」を開き、各地で展示会を催すなど活動しています。   大ぶりのオブジェたち。       形が面白いカップや花器。       同展は 10/17( 日 ) まで。 皆様のお越しをお待ちしております。